2006年 11月 15日
サッカー:日本代表 サウジを3-1で下しアジアカップ予選1位通過!!
 ここ数日で、カテゴリーは違えど、日本代表は北朝鮮、韓国と熱戦(?)を繰り広げていた。
 U-19は、決勝で北朝鮮にPKの末敗れ、優勝は出来ず。たまたまBSで再放送をやっていたので見たのだが、非情に惜しい試合だったし、見ていて将来に期待の持てる内容だった。何より、気持ちで負けていなかった。準決勝も、韓国をPKで下してきたこともあり、気持ちが前面に出ていたのは評価できる。
 U-21は、親善試合で韓国に1-3で大敗。しかも1点は相手のO.G.だそうで…試合を見ていないので明言は避けたいが、試合後のインタビューで反町監督は"経験の差"を強調していた。確かに韓国は、U-21ながらA代表に名を連ねた選手もいる。一方の日本のU-21代表世代はあまり世界を経験していない。しかし、経験差があって負けたというのはあまりにもお粗末。それは、勉強していないからテストの点数が悪かった、と言っているのと一緒だと思う。この世代が頑張らないと、今後のA代表が非情に不安だ。それほど間を空けず、U21代表は、今度は日本でU-21韓国代表と再試合をするそうなので、そのときにはもう少しマシな結果を出していただきたい。

 そして、A代表。今年最後の試合は、アジアカップ予選最終戦。日本とサウジの本大会行きはもう決まっているが、この試合、日本がサウジに2点差以上差をつけて勝てば、1位通過が決まる含みがある。今年最後の試合、是非とも2点差以上で勝ってもらおうじゃありませんか!!

 メンバー見たとき、DFラインどうなるんだろうと心配したが、序盤は日本のペース。今日は中村憲が目立っていた。我那覇も頑張って、2得点。巻も、最初の得点に絡み、形上今回はFWが絡んでいた。
 前半PKを献上して、嫌な雰囲気が漂う中、後半きっちり我那覇が得点したのも大きい。
 ただ、ホームなのに後半疲れちゃって、サウジに一方的に押されちゃうのはいただけない。選手交代も、あまり大きなカンフル剤にはなっていなかったみたいで、最後の羽生の投入がちょっと、息を吹き返したかなぁ、と言う程度。まあ、ベストメンバーではない、と言うことであまり、文句つけちゃあいけないかな。

 今年最後の試合を勝利で締めくくったのは良しとしたいが、何度も言うように、アジアレベルで苦戦するようじゃ、W杯ではお話にならない。とにかく、アジアレベルでは大勝するようなチームをオシム監督には作っていただきたい。まずは、後半に入ってばてないような体力づくりをお願いします、ホントに…
[PR]

by R-130 | 2006-11-15 23:09 | ∟サッカー日本代表


<< 食品スーパー裏話:激安の特売品...      F1:SuperAguriドラ... >>