2006年 11月 10日
スポーツ:日米野球について考える
 日本の5戦全敗で終わった日米野球。
 八百屋は野球のことは詳しくわからないので、何ともいえないが、ホントに素人ながらに思ったことがあった。


"そもそも、日米野球って必要なのか?"


世界最強リーグ決定戦、と唄いながらも日本人選手の辞退者は25名に上ったそうな。特に中日は、早くから辞退の意向を伝えており、ハナから本気で取り組もうという姿勢が、選手側から感じられない。それで、世界最強リーグ決定戦!?オーダー見ればその真意がわかるというものだ。
しかも、今はコナミカップもあり、今年からはWBCも始まった。WBCは、アメリカが辞退者続出で存在意義が疑問視されたが、これもそれと同じなんじゃと思ってしまった。
日米野球って大リーガーの日本観光にしかなっていないような気がしてならない。と思うのは八百屋だけだろうか?

 いっそのこと、サッカーみたいに日本代表強化試合みたいにしたらどうか?WBCにむけての位置づけみたいな。サッカーのキリンチャレンジカップみたいな。
 でも、最大の問題は選手の意識かも。サッカーじゃ、代表辞退者25名なんて考えられないし。まあ、野球とサッカーのバッグラウンドが違いすぎるので、比較すること事態がナンセンスなんだろうけど。日程的にも、辞退者が増えますわなぁ。もうちょっと考えて、もっと面白いものにしてもらいたい。親善試合で、アメリカだけじゃなくて、キューバ代表なんかも呼んで、4つ巴リーグ戦やるとか。


後、全然関係ない話だけど、巨人。オリックスから谷をとって、更に小笠原にも手を出そうとしている。
何が「誠心誠意尽くして獲得に努めたい」なんだろうか!?もっと自分のチームで育てようと言う意識がないのだろうか?金積んで、大物選手を呼んで…ってやってもう何年失敗してるよ?頼むから、金積んで場を乱すのはやめていただきたい。
また、選手のピークを過ぎた(と断定しちゃいけないだろうけど)小久保は放出の構え。何ともドライすぎて、ついていけません。そんな姿勢が、一般のファンの野球離れを加速させているような気がしてならないの八百屋だけだろうか?

あんまり知らないのに偉そうなことを書いてしまった(^^ゞ
でも、巨人みたいな考え方はどうも好きになれないなぁ。まだ、結果が出てないから我慢できるけど、これで独走になっちゃったら、本当にプロ野球はつまらなくなるだろうなぁ…
[PR]

by R-130 | 2006-11-10 23:43 | Sports


<< サッカー:セリエA11節 AC...      サッカー:JFAがW杯の敗因を... >>