2006年 11月 10日
サッカー:JFAがW杯の敗因を分析!?
■ 敗因は調整の失敗、初戦のダメージ=サッカー協会がW杯分析…時事通信
■ <サッカーW杯>日本敗因は対独親善試合での善戦 協会分析




 何故今頃に…と思ってしまったが、どうやら同じタイミングで何かしらの発行物を出した模様で(テクニカルレポート?DVD?すみません、よく調べてないです、ごめんなさい)そのタイミングにあわせての分析と言うことらしい。
 PCのニュースや、朝日新聞の朝刊の記事を要約すると、箇条書きになるが、以下のことについての分析があったようだ。

・DFの高さ不足(フィジカル不足?)
・コンディションのピーグドイツ戦
・暑さにやられた
・初戦の敗因が大きかった

また、会場からの質問への抜粋もあわせて。

Q 柳沢がクロアチア戦で、好機を外したが…
A ボールが股を抜けて足元に収まったので、決して簡単なシュートではなかった

Q ジーコ監督の評価について
A 100%パフォーマンスを引き出したとは言わないが、最大の結果を出そうと努力した


…(-"-;)
なんめんとのか、コラァ!!

とにかく、まずJFAのお偉方には全員辞めていただいて、全員総替えして頂きたい。
いや、ホントに。
DFの高さ不足?それって、日本人は背が低いから世界には通用しないってこと?じゃあメキシコはどーなの、メキシコは?それに、そんな理由がまかり通るなら、W杯に出場するなと言いたい。(まあ、暗に宮本でよかったのか?と言うことが言いたいのかなぁと思ったりもするんだけど)。
ピークは親善試合のドイツ戦。うーん、まさにそうかも。あれが本番出来てりゃ、敗退していたにしても、もうちょっとましな結果は出ただろうね。ドイツ戦を境に多くの主力がコンディションを落として言った理由を考えてもそうだろうね。
でも、評論家が指摘するならわかるけど、コンディション云々て、まるっきりJFAの責任じゃん。何で他人事の様にいえるんだろう。本当にそう分析しているんだったら、今いる人たちは責任を取って辞職してもらいたい。

ジーコと柳沢の擁護はもう論外。まあ、擁護しないと責任問題になるからなんだろうけど。
でも、何でこんな他人事なんだ?協会よ、代表を強くするのはあんたらの使命だろうが!!
これじゃあ何年経っても同じことの繰り返しなんじゃ…監督がどーとか言う問題だけじゃないし、こんな連中が選んでくる監督なんだから…ってやっぱり思ってしまう。

もう少し、いやもっと、サッカーのことが好きな人たちでJFAを構成していただきたい。
ホント、宜しくお願いしますよ。
[PR]

by R-130 | 2006-11-10 23:05 | ∟サッカー日本代表


<< スポーツ:日米野球について考える      F1:2006年シーズン総括 その1 >>